まもなく再び飽満の時期が来て

 はてなダイアリーはてなハイクがサービス終了ということで、先日「はてなの本」という2004年に出版された、当時「はてなダイアリー正式リリース」「はてなダイアリーキーワード」「はてなグループ」など新サービス、新機能を矢継ぎ早に打ち出してまさしく新世代のソーシャルネットワークベンチャーとして名を広めていた頃のはてなの様相と、当時のはてなダイアリーの機能・活用法に関する案内などを記録した本を読んでいた。
 この辺のことについてあれこれ書くには一番いい時期だと思うので、今日はこの本を軸に少し個人的にいろいろ考えたこととかを書いてみる。本の詳細についてははてなが公式で紹介しているので上のリンクを参照のこと。リンク先にはてな公式のアフィリエイトタグ入りのamazonリンクがあるので、商品リンクについてもこちらを参照するといいかもしれない。

 それじゃあさっそく本題に。
 上にざっとこの「はてなの本」に関する概説を書いたのだけれど、ここでは株式会社はてな社長(当時、現在は非常勤取締役および株式会社OND社長)である近藤淳也(jkondo)への三万字インタビューが載せてあってそこから当時のIT企業界隈での技術的流行や当時隆盛だったソーシャルネットワーク系サービスの名前などが色々挙がっていて、当時のこの手の業界の空気感だとか、当時株式会社はてながどういう見立てを持って色々やっていたのかがまとまった状態で読めるようになっている。このインタビュー内でも書かれている通り、この手の他の企業と比べてもはてなは運営方針であるとか、サービス設計であるとかを積極的にユーザ側に明示して双方向的にサービス開発をやっているので、案外この辺のことはウェブサイトなどでも読めるのだけれど、やはり当事者自身の言というのは大きい。はてブオフ、はてなブログ互助会、はてな村奇譚なんか隆盛だった時期(2014-2016年)くらいにはこの辺の総括がいろいろ成されていて、それなりに興味深かったにせよ、基本的にはいちユーザであり、同時に色々な思い出補正も含めた回顧録としての趣が強く、有名なはてなユーザが何か書いて、それがはてなブックマークに挙がるたびに「いやそれは違う」なんて指摘が入るといった具合で、面白い回顧録以上の価値はあまりなかった。

 自分はブログサービスで文章を書きはじめてから割と長い(今年で10年目になる)のだけれど、もともとはてなダイアリーを使っていたわけではなかったので、この辺の事情にはかなり疎かった。こちらに写ってきたのは2012年だか2013年だかの年末頃。はてな記法や自動バックアップ機能などの編集補助機能とブログデザインのいじりやすさが主な移行理由で、2015年の春頃にそこからさらにブログに写ってきた。はてなブログが特有の文化圏を持っている、というのを知ったのはこの(自分にとっての)ダイアリー後期からはてなブログ移行期だった。おそらくははてなブックマークを本格的に使いだしたのもこの頃。ちなみに、もともとメインのアカウントでやっていたものをはてなブックマークアカウントを独立したものとして取り扱うためにこのアカウントが生まれることになった。ゆえに、ブログ10年目というのはこのブログのことではない。とはいえ、このブログも書き始めて3年目だから、既に三日坊主や勢いだけのブログという具合でもなくなってきているのだけれど。
 話を戻すけれど、とにかくこういった具合だったこともあってこのゼロ年代初頭。さらに言えばまだPCを軸にして展開されるネットワークサービスがほとんどだったこの時期におけるネットワークについてのある程度体系だった話というのは本当に貴重で、とくに自分が読んでいて以外だったのは現在でもしばしば用いられる「はてな村」という(揶揄的な)呼称が、このはてなダイアリー草創期にあってすでに生まれていたこと――さらに言えば、そうしたごく初期に生まれた呼称が現在でも読み手の間で認知されている共有ワードとして扱われていることだった。

 自分が以前使っていたサービスはどちらかというとかなり豪勢で、外向きに色々やっていたサービス(わかる人ならどのブログサービスを使っていたか判ると思う)だったので、コミュニティとしての機能は多分に盛り込まれ、大いに活用されていたにせよ「ある程度の共通認識を持った独自の文化圏(コミュニティ)で活動している」みたいな意識はまったくなかったし、実際そんな意識を持ってものを書いている人なんかいなかったから、これは中々に衝撃的なことだった。今日では、こうした共通認識みたいなものは、他のSNSと同様希薄になりつつあるし、自分自身も「はてなユーザとしての矜持」みたいなのは特にないので別にこうしたはてな文化史みたいなのをことさら支持するわけではないけれど、それはそれとして、SNS過渡期の面白い現象としてもっと省みられてもいいのかもしれない、とも思う。
 さらにこの本では、この「はてな村」のワードとそれを軸とした特有の文化的特色の地盤にまさしくはてな生みの親たるjkondo氏の積極的な双方向的なアップデートあってこそのもので、ここでは"直接民主主義"というのを重要キーワードとして挙げつつ「はてなダイアリーキーワード」「はてなグループ」リリースまでの変遷を追っている。「はてな村」という呼称の存在に次いで自分にとって目新しかったのがこの「『はてなダイアリーキーワード(現はてなキーワード)』が、当時のはてなのサービスにおいて重要な役割を担っていた」という点だった。自分がはてなダイアリーに移住してきた時点で、すでにはてなブログは生まれていたし、はてなダイアリーキーワードは現在の「はてなキーワード」に改称され、既にWikipediaの類似サービスといった趣になっていたし、そこでの各種ワード記事の多くは、いずれもお世辞にも辞書サイトとして役立つような種類のものではなくて、自分はほとんど価値を感じていなかったのだけれど――なるほど、もともともの用途が「Web百科事典」でなかったのなら、ああいった具合になったことも頷ける。

 一応自分と同様、こうした経緯を知らない人のために簡単に説明を書いておく。
 現在でも盛んに用いられているid記法によるrefer(言及)が、はてなユーザ間のみ可能という限定的な機能ながらユーザ間のやりとりや議論を促進させるのに一役買っているけれど、こちらはidコールという明示的行為によって他者と自分とを結びつける行為であるがゆえに、関係構築の第一手段としてはやや大胆に過ぎ、idコールを敬遠するユーザも初期から現在にかけて少なからずいた。それに対して新たにリリースされた「はてなダイアリーキーワード」は書いた文章のうち固有名詞など特定のワードが自動的に「はてなキーワード」にリンクされ、共通のワードを含むブログと共にリストアップされる仕組みをとっているため、主体的に共通の趣味を持つユーザを探したりしなくとも、idコールによる明示的な言及に億劫なユーザであっても気軽かつ安心して他のユーザと関わり合うきっかけを作ることができた。まだ手探り状態の強かった初期はてなのネットコミュニティ形成に、こうしたすこし迂遠ではあれ、心理的抵抗の少ない「繋がり合い」のための手段が大きな効果をあげた、というわけだ。
 この他にもWikipedia等の辞書サイトと比してくだけたノリ、今ではニコニコ大百科がその位置を占めているような軟派な雰囲気も当時は目新しかったようで、ここでは近藤氏が「オンドゥル語」等のキーワードについても言及していたりする。なつかしい。

 しかしながら、はてなブログの成立、ブログよりもより手軽かつ広範に訴求可能なオンラインサービス――Twitter, tumblrのようなミニブログなんていうふうに言われていた新しいブログ系サービスやfacebookのような実名ベース・現実ベースのSNSスマートフォンアプリを軸にしたInstagram, tiktok, Snapchatなど――が台頭し、今ではかつてのブログが座っていたような、あるいはそれ以上の立ち位置を占めるようになった現在では、「ブログ」という様式にせよサービスであるにせよ、開発者にせよユーザ側にせよ、かなりいろいろな面で事情が変わってきている。
 ブログそのものが現在のネットコミュニティにおいて蚊帳の外に置かれるようになったというわけではないにせよ、この時期に見られていたブログという形式が持つ「カジュアルさ」のようなものはすでに現在においては希薄になっている。既にブログよりカジュアルなSNSはいくらでもあり、わざわざブログというものを選択する意義は乏しいし、テキストサイトやブログ出身の人間がフリーライターとして各種ネットマガジンなどでブログに近い方式で記事を書いていたり、キュレーションサイトなどがSEOを駆使して「お役立ち情報系(実際に役立つとは言っていない)」面で大きな位置を占めていて、個人のブログが日の目を見る局面はもはや多くはない。。現に、はてなブックマークなどで挙がるブログサイトの多くは炎上やトラブル案件、はてなに関する議論などのほかでは先に示したような記事が大半を占めており、既に「(一般の)個人の文章」というのは求められていないし、それらが何らかの価値を帯びて言及されたり共有されるようなことが起こったとしても、その時に用いられるのはTwitterのような「ブログよりもカジュアルなオンラインサービス」であって、そのブログサービス自身ではないのだ。
 つまり、この本で示されているようなユーザとの双方向的な開発態度は、今日のブログサービスが置かれている状況においてはあまり大きな意味をなさないわけだ。はてなブログ成立前後では「はてなの本」でも語られているエクストリーム・プログラミング方式で考案されてきたらしい各種新規サービスが軒並み頓挫していると同時に、"直接民主主義"的な思想からかなり離れた巨大SNSがいくつか構築されているという現況を改めて省みて、「時代は変わったんだな」としみじみと感じざるを得なかった。

 近藤氏については、はてなから一線を退いて以後ははてなのコンテンツだった「物件ファン」を譲り受けてちょこちょこやっているとかで、その辺を見ていると小規模で”直接民主主義志向”の思想は今でも結構あったりするのかな、なんていうふうにも思った。現在の株式会社はてなの方では既に次の段階にコマを進めているみたいなので、自分はどうなるんだろう、と思いながらその変遷をはてなブログはてなブックマークか見守る程度かなあ。


 はい、感想ここまで。占めて4500文字なり。あんまり見立てを立てずに書いたのもあってややまとまりがないけれどもひとまずこれでいい。
 ひとまず自分にとっての「旧はてな」「カジュアルなウェブサービスとしてのブログ」みたいなものはもうこの辺でいいのかな、という独りよがりな総括をここで出来たのでよかった。今、色々こうやってネット上で文章を残すこと、自分の生活を記録することについて色々うんうん言いながら考えているところだったし、いい時期にいいものを読めたと思う。このブログもそろそろ畳むべきかな、とかそういう話も一緒に書くつもりだったのだけれどかなり文章が膨れ上がってしまったので今日はここまでにしておく。
 もう3月半ばか。