トンブクトゥ自由都市のワシオ=トウショウキに告げたし

 はてブ記事まとめ終わってまたニコニコネタで。他のブログ、SNSで取り扱ってるテーマと被らない記事ってこの辺くらいしかないから、ネタが偏らないようにしつつ自分がよく知ってるものについて書くとなると、もうこの辺しかないんだよね。別に他のブログも外向きにアクセスを意識して書いているとかではないから、内容がかぶったところでこれといって何かあるわけでもないし、特定もされないとは思うんだけど。まあ一応ね。
 今回も音MADネタで。この辺の動画ははてな界隈じゃほとんど注目されていないっぽいけど、ちょっと伸びてるやつには大体ブクマついてたりするから、まあまあこの辺の動画漁ってる人も多いんだろうね。はてブなんかだとニコニコのコンテンツについて語るとき、この辺のニコニコ特有のコンテンツの話はされないまま、イベントが云々、ニコ生が云々って方向にばかり向かってるけど、やっぱり実際のところみんなそれほど見てないんだろうか? 自分も自分で「動画サービスにおけるニコニコの立ち位置」みたいなのを逐一意識しながら使ってるわけじゃないから、自分のほうがこの話には詳しいんだ、みたいなことを言う気はないけれど。

 それで、今回はチャージマン研!ネタで。実在人物をネタにした音MADとかも観てるけど、その辺は倫理的に危ないラインでもあるので避けておく。松岡修造、ビリー・ヘリントンほかニコニコの配信者あたりは本人も言及済みらしいし、いいんじゃないかなあという気もするけど、とりあえず今回はいいや。

www.nicovideo.jpデビルマンデビルマンの歌」


www.nicovideo.jpWORKING! 「SOMEONE ELSE」


www.nicovideo.jp新庄かなえ(CV: 三森すずこ)「ファッとして桃源郷

 とくに三番目好き。元の曲がめちゃくちゃ好きってのもあるけどこれもネタが訳わからなくて好き。強いワードで押し込んでいくんじゃなくてひたすらただ単にわけがわからない動画のほうが、あー自分しょうもないもん観てるなあって感じがして楽しい。ちなみに原作漫画は最近完結した。自分はこの辺の事業をやってた母体のアーススター・エンタテインメントが潰れた関係でのことかもなあとか勘ぐってたんだけど、出版事業はまるまる泰文堂って出版社が引き継ぐらしいので、自分の思い過ごしかもしれない。分からんことについてあれこれ書くのもこのへんで。あとこれ書いてる途中で来週のネタにいいかも知れんなってのが思いついたのでよかった。おわり