つまりこうなんだ結局。人間が――

 ひとまず、ブログの更新を停める。ブクマの整理は予定通り6ヶ月ー10ヶ月分くらいはやる気でいるけれども、その他の記事については書くのをやめるつもりでいる。一応書いておくけど、これは「ネタがないから書けそうにない」とか「書きたいことがあれば書く」とかではない。「極力書かないように努める(自分自身が持ちうる時間的、体力的資源を、ここに何かを書く、という作業によって失わないようにする)」ということ。
 べつにここで自分個人の身の上話だの、最近の具体的近況なんかを書いたところで何かしらの意味が発生するわけでもないから、その辺の事情については端折る。誰にだって、現実と生活とはあるし、そうしたもののために自分自身で持っている時間と能力のほとんどを注ぎこまなくちゃならない、という局面はある。他の誰かのそれと自分のそれとで、何か大きな違いがあるとは思っていないし、実際、違いなんかない。

 ただ、自分にとってはほんとうに、まったく予期しない事態になった、というのはたしかで、とにかく今はしんどい。ここでなにかものを書くたびにしんどいしんどいと書いていたような気がするけど、今回のそれはほんとうにしんどい。とにかくしんどい。てきとうな事を書いているといざというとき信用されなくなるってのはこういうことか、狼少年とはこういうことか、とかそういうことを考えさせられるくらいにはしんどい。

 ちまちまと書き進めていたインターネットのコミュニケーションや討論の構造がどうとかって私見に関しては、メインのほうでやる。この数ヶ月ほどのあいだ、どうにもメインの方で書いていることが一向に進行せず、それに反比例してこっちで書いていることの規模や、自分にとっての深刻さの度合いみたいなものが日毎大きくなっていて、ずっとその不均衡が気持ち悪かった。残念なことに、自分の頭じゃあ、こういう複数の進行作業を適切な釣り合いが保たれることをよくよく意識しながら適切に執り行うっていうような、そんな高度な作業はできないらしい。
 なんでも器用にあれこれできないのなら、自分がいま一番やらなくちゃいけないことに、自分の持ちうる資源を全部投入するのが一番いい。少なくとも、この状態ででかい作業を終りが見えない状態でいくつも抱え込んだままでいると、ほんとに近く気が滅入ってどうにもならなくなる。

 別に、ここで何かを書く作業をするというのがしんどかったとか、何かしらの義務心に囚われた状態で書いていたとかっていうことはない。まったくないとも言わないけれど、ゆるい義務心と使命感というのは、その日その日を生きるためには必要ではないけれど数十年という時間を生きる人間として、独立した個人として生きるために必要な作業をこなしていくために、少なからず必要なものだ。少なくとも、自分はそう思ってる。

 それから、ここで文章を書いていて、はっと気付かされたようなこと――それも今年に入って以降の自分の生活で得られた知見のうちの最上のものだとさえ感じているようなこと――が、ひとつある。
 それは、自分がある程度外の世界を意識して何かを語っているときでさえ、他者に向けて何かを書こうとしているときでさえ、その行動の究極的な到達点は常に自分自身であり、自分自身を理解し、自分自身に対して語りかけることを目指しているのだ――と、そういったようなことだ。自分はここで一年(このちょうど一年、というのはまったくの偶然のことで、意図していなかった)で、これまで軸足を置いて書いていた個人的な記録と比べて、かなり第三者を意識して書いていた。別にブログでお金を稼ごうとか、はてなブックマーク界隈に割り込んで、社会の時事問題について盛んにあれこれご高説を垂れてやり、なんならこの界隈で結構な地位を占めてちやほやされたいなんて思っていたわけじゃない。外に向けて、他者を意識してテキストを発信していたのは紛れもない事実だけれども、それが何かしらの形での実入りを期待してそうしたわけじゃない。それは、これまでの記事につけてきた、SEOの真逆を往くような、バカげた中身のない記事の題名を見直してもらえればすぐ分かることだ。
 自己分析じみたことを書くのは極力避けるけれど、要するに自分がほんとうに望んているのは、自分が今持っている、ある意味ではバカげた目標や展望をひとつひとつ着実に達成し、自己実現を果たすこと。そこにあったのだな、と今いろいろなことをまた、振り返り直してみて思う。それは自分の理想と現実との隙間を埋め、自分自身の純粋な理性のともとで自分自身を承認することにほかならず、他人がそれをどう評価するか、というのはまったく問題にならない。重要なのは、重大なのはそれだけだった。

 人によっては、ここまでに書いてきたようなことを読んで、「なんて子供じみた、行きおくれの懊悩なんだろう!」と思ったかもしれないけれど、自分は別にそう思ってもらってもいい。実際残念なことに、自分はまだそのことが見えていなかった。けれども。自分は行きおくれ、生きおくれたかもしれないけれども、少なくとも今このことで整理をつけることができれば、これ以上には生きおくれることはない。自分のようなできの悪い人間には、これだってまったく上等なことだと思う。 

 他にも勢い余っていろいろ打ち込んだテキストがあるけれど、その辺はだいぶ感傷趣味が混じってきているな、という感じがあったのでざっくり削った。とはいっても、これでも結構な文量なのかもしれないけれど。でも、なんにしたってそういうものだ。自分が自分の満足するだけ、言葉を尽くして何かを語ろうとすれば当然そういうことになる。自分が長めの文章を書くことに慣れているから、弁舌を振るうことに慣れているからとかじゃない。自分がそれだけいろんなことをちゃんと説明したいと考えている、というその点にあるんだよ。他人がどうこう、能力がどうこうじゃない。自分なんだよ。分かるかね、ワトソン君?


追記 (2018/06/25 023:37): なんかはてな界隈が色々ととんでもないことになってきたな。で、そんな折にこの更新を見返してみると、ちょうどこのブログ辞める宣言がH氏の殺人事件の当日とおんなじで、文章なんかを読んでみても「件の事件で怖気づいたのでブログ止めます」宣言を迂遠で言い訳じみた感じで書いてるようにも読めて、自分の書いた記事ながら笑ってしまった。理由はめちゃくちゃ個人的な事情だし、更新ボタンを押して公開したのも18:12:20時点でのことだから、事件発生前なんだけど、証明できないっていう。まあ、偶然ながらすごく間のいい(悪い?)時期に区切りがついてしまったな、と思う。まったく、どいつもこいつも、めいっぱい生きような。

はてなブックマークの記録 2018/05-(1)

 今月もまとめていく。先月はあまりがっつりはてブに浸かっていた、という記憶がない――ふだんの月と比べても先月は活字でそれなりの冊数を読んでいたし、他にも実生活のほうで一丁前にこなさないといけないことが結構あった――のだけれど、月が変わってすぐにあれこれ記事を攫ってみると、こちらもかなりしっかり読んでいたらしい。
 今、先月のブクマ記事を拾い上げた限りでは、どうにも先月はだいぶいろんな不祥事が出てきて、さらにはそれに対する問題意識が明確に形成されて、ひとつの潮流としてまとまってきていた時期らしい。これが今月に入ってさらに広がるのか、それとも一区切りついてそのまま収束してしまうのかは定かではないけれどね。
 それじゃあ、今月もやっていこう。今月はよりしっかり論点を抑えていくために、一つの話題につき一記事、というはめ込み方はせず、有用だと思われる記事は内容の重複を問わず積極的に羅列していくことにする。


政治

www.buzzfeed.com
 内閣府広報室ウェブサイト上に掲載されている「国政モニター」欄に、特定の国、政党、政治家への中傷を含む意見が多数掲載されていた事件についての詳報。先の学校法人との癒着、文書改竄のほうの問題がどんどん悪い方向にでかくなってきて、そちらの方の話ばかりが目立つのだけれど、個人的に、この件については、度肝を抜かれると言っていいくらいに驚かされた。既にさんざ言われてきたことだけれど、もしこの件を予め認知しながら公開し続けてきたのだとしたら、ほんとに今の内閣は、完全に行ってはいけない領域に踏み込んでしまっていると思う。


www.sankei.com
 こちらに関してはいいニュース。短い記事で、タイトルどおりの内容。

経済

www.sankei.com
 こちらも産経から。Amazonマーケットプレイス業者への優越的地位の乱用についての記事。自分は一昨年の年末あたりに大々的にamazonの問題についての指摘が挙がるようになってからはamazonではほとんど買い物をしていない(2017年はマーケットプレイスで4件とKindleで無料本を2札。2018年に入ってからはマーケットプレイスKindle、公式配送品含めすべて利用なし)のだけれど、これは正解だったなと思う。


www.gizmodo.jp
 もうひとつamazon関連の記事を。おそらくこの辺の倉庫要員の過長労働の強制はamazonに限らず大手ならどこでも少なからずやっていそうなところなのだけれど、それにしてもこれは群を抜いているなといった感じがする。少なくとも日本ではまだこうはなっていないはずだし、これと同程度の惨状になる前にちゃんと問題になってほしいね。


news.livedoor.com
 日本における地方の土地資源の資産価値の崩壊について。前に小島アジコ氏がこの辺をネタに解説漫画みたいなのを書いていたけど、それをより詳細にしたもので、NEWSポストセブンからの出向記事。前に「ソフト闇金」についての記事を紹介したとき、掲載元がこのポストセブンだったのだけれど、この辺の胡散臭い金の動きについての話ではどうやら一家言あるらしい。同じ記者だろうか?


www3.nhk.or.jp
 上の記事を踏まえて。資産価値のなくなった土地やもともと無い土地を、詐欺同然の売り文句で外国人に売りつけるのが一部で盛んに行われているらしい。一時期の中国人の日本の土地購入についての話題は自分も耳に入れていたし、なかなか妙なことがあるもんだと思っていたのだけれど、内情はこうだったのか。それにしてもこの辺の調査をしたのがNHKだったというのが意外。とはいえ、ありがたくもある

社会

アルピニスト栗城史多関連

www.moriyamakenichi.com
 エベレスト登山の映像配信を予定していたエベレスト登山家の栗城史多氏が登山中に死亡した事件での、専門家・森山憲一氏による分析記事。分析は栗城氏が存命中だった2017年6月2日のもので、そうやら当時の時点でも物議を醸していたらしい。この人をはじめとして、専門家の間ではすでに今年の事件は予見されていたものだったようで、この記事において、はっきりこのように書いている。

このまま栗城さんが北壁や西稜にトライを続けて、ルート核心部の8000m以上に本当に突っ込んでしまったら、99.999%死にます。

事件後に書かれた各種メディアによる記事は以下の通り、いずれも上の記事での情報を少なからず下敷きにしている。

エベレストで死亡、栗城史多さん 彼の挑戦は「無謀」だったのか?


登山家・栗城史多さんを「無謀な死」に追い込んだ、取り巻きの罪 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

弁護士への大量懲戒請求事件関連

www.businessinsider.jp
「「朝鮮人学校補助金支給要求声明に賛同した」ことなどを理由に特定の複数の弁護士に対して大量の懲戒解雇請求が行われた事件についての解説記事。実際の弁護士のTwitterでの発言などの引用を踏まえながら丁寧にことの流れを追っており、概要を把握するには、自分が読んだ中ではこれが一番適切なように思う。

 それから、弁護士ドットコムからの記事も2件ばかり。上の記事は事件発生時の報、下の記事は事件発生後に行われた、懲戒請求を受けたうちのひとりに対して行ったインタビューを含むもの。最後に追加で載せているのは、同じく懲戒請求を受けたうちのひとりがfacebook上にて公開した文章。

「存在しない事実で懲戒請求された」神原弁護士が請求者を提訴 - 弁護士ドットコム


なぜ法律デマは出回るのか 約13万件、弁護士への組織的な「懲戒請求」を考える - 弁護士ドットコム


池田 賢太 - 件の懲戒請求は、私のところにも960名から来ているのですが、いまのところ、「謝罪文」を送ってきたのは3... | Facebook

 最後に、実際に懲戒請求を行い、それを受けて提訴を受けたネット愛国運動家の様相についての記事をふたつ。やや中傷を含むものだったのでここに載せるのもどうかなと思ったのだけれど、この辺はひとつのネットの暗部および社会の病巣のひとつとして記録しておくべきかな、と思う。嘘の可能性も考慮したのだけれど、ふたつめのTwitterの活動家については2年以上前から盛んに活動している人物らしく、信憑性はあると判断した。

「誰か教えてください、何をどうすれば良いのか訳もわからず、心労で息が辛くて苦しいです 朝起きたら髪の毛がパラパラに落ちてました 」親族12人ぶんの名を勝手に使って懲戒請求をしたあるネトウヨの味わっている地獄w – 怒涛の日日


【大量懲戒請求】佐世保のサセボンの怯える日々 - Togetter

非モテ・恋愛関連

 これについては一つの事件に対して、というわけではなく、根っこが同じだなと感じた記事をくくって紹介する。

www3.nhk.or.jp
  G7首脳会合が行われていたカナダ・トロントで、“involuntary celibate(incel)”いわゆる「非モテ」の男性が女性を中心に10人以上を轢殺した事件についての解説。KKO(キモくて金のないおっさん)だとかの、社会的優位性を持たない男性を表すことばがいくつかあるけれど、こうした男性はどうやら他の国にも少なからずいるらしい。そしてそういった人たちがオンライン上でやり取りを行う過程で集団を形成、先鋭化した思想を携えるようになっているとのこと。


www.bbc.com
 場合によっては上の記事のようなインセル(incel)になっていたかもしれない男性についての記事。インタビュイーは英語話者らしいけれど、BBCの記事なのでもしかするとアメリカやカナダではなくイギリス人かもしれない。


gendai.ismedia.jp
 これは非モテとはちょっと違うのだけれど、現代の恋愛行為の難しさについて説いたもの。著者が著者なだけにブコメではかなり非難されているのだけど、思うに、多分トップに載ってるような人らは多分タイトル以外読んでない。メインはタイトル部分の童貞が云々だとかの統計だとかではなくて、ネットワーク時代における向こう見ずな恋愛活動の難しさや、旧来の恋愛手法(ひとまず食事まで持ち込み、あとは流れでホテルまで無理にでも持ち込む)が現代の社会通念的に容認できないものになっていることを指摘したもので、自分は少なからず同意できるところがあるなと感じた。1ページの下部にはすでにこうした恋愛に難儀する男性についての記述が始まっているのに、なんであんなタイトルに突っ込むばかりのブコメが並ぶんだろうか
 あ、ちなみに3ページ目は著者の新刊本の告知だから読まなくていいから(問題発言)



business.nikkeibp.co.jp
 ここからいつもどおり個別に取り上げていく。これはすでに何度かここで取り上げてきたような記事と同種のもの。3ページ目は会員登録必須だけれども、次回へのつなぎが主なので別に読まなくてもいい。内容としては、経済格差や人種問題、現代に於いて急速に進行している全分野におけるオートメーション化を踏まえて「今、危険な二項対立が始まっている」とするものなのだけれど、全体としては警告のような趣を持っていて、具体的な知見が云々というものではない。とはいえ、この警告に少なからず共感を覚える人はそれなりにいるんじゃないだろうか。


wotopi.jp
 5月にサイボウズ東京支社にて行われた「メディアと表現について考えるシンポジウム」の記録記事。これは第3回目で、報道機関とテレビ業界人、それに対する実際の視聴者や、テレビを取り巻く中の人々との意識の乖離について、男女問題を軸に議論したもの。最終盤のラブドールについての部分は「んん?」となったのだけれど、それ以外は同意できる内容。いま改めて記事を確認して気付いたのだけれど、続編記事もどうやらすでに出ているらしい。


www.buzzfeed.com
 ウィンストン・チャーチルの伝記映画公開に際しての、インド帝国時代のインドで起こった大規模な飢餓とそれに対するチャーチルの態度・施策を軸に、多面的に非難を述べたもの。まあ一度戦争をやった国、植民地支配をやった国および権威というのはどこであれ、必ずこうした暗部というものを持っているのだけれど、何にしても「勝てば官軍」的な発想で誰かを褒めそやしたりするだけの伝記映画はもう終わりなのかも知れない。
 具体的な紹介はしないけど、この他に先月読んだBuzzFeedの同種の記事で、こんなものもあって、こちらもなかなか良かった。興味のある方はどうぞ

「安全だ」と告げられ、放射性物質により死んでいった女性工場労働者たち

芸能

bunshun.jp
 中学時代からアイドル活動を行い、農業アイドルとして通信制高校に通うかたわら旺盛に芸能活動を続けていてた当時16歳の女性が3月に自殺した事件についての詳報。この記事内では原因は学校進学にかかる費用の担保や架空の違約金請求をネタに自殺した女性に対して企業側が行った恫喝が原因だとしている。企業ページをまるまる潰してこの件に関してのIRを掲載、さらには続報に応じて過去のIR文書を削除して再更新を行うなど、後々のやり口からいって、少なくとも文春の報が一定以上の事実を含むものだと推測するに十分だと思う。ついでに、このアイドルの運営元の「Hプロジェクト」ないし「Hプロジェクト株式会社」で検索すると、間違いなく当の企業ページ以上にPV、被リンクを稼いだであろうこの記事が全く挙がってこない、というまったくもって不思議な現象が起こっているので、気になる方は試してみるといいかもしれない。
 この辺に関しては続報についても注視していきたい。


www.lovepiececlub.com
 上の記事はじめ、既にこの辺の話が過去の出来事とみなされるほどに芸能事務所関連であれやこれや不祥事が起こってしまっていて、自分自身既にあまりこの辺の話を追うことができていないのだけれど、男性アイドルグループTOKIOのメンバー(現在は脱退・退社済)、山口達也氏が未成年に対する強制猥褻の容疑で書類送検が行われた事件についての、エッセイストによる分析記事。自分はあまりこの手のエッセイストだの、コラムニストだのを信用していないし、面白いとも思っていないような種の人間なのだけれど、これに関しては頷けるところが多い。
 とりわけ、最後の段落の文章はこの事件に限らず、すべての犯罪事件に対して言えることだと思う

被害者を出さないようにするためには。ここで敢えて「山口達也氏もある視点から見れば人間としていたって通常である」という一見、非生産な見方を持つことが、これからの時代は生産的となり、必要になってくる気がする。


 それじゃあ今週はひとまずここまでで。今月もまた変わったやりかたでまとめたのもあって、なかなかに面倒くさかった。一応来週で終わらせる予定だけれども、場合によっては三分割で書くことになるかもしれない。