キットカットきっとぐにゃっと

個人ブログなんかためにならなくていいんだ上等だろ

身震いに報いるのにどれだけの後悔がいるのか

 先月書いたブログ記事*1で名前を挙げていたフランソワーズ・アルディのアルバムを一枚買ってきた。フレンチ・ポップス(イエイエ)歌手からシンガー・ソング・ライターへの移行期の3枚同時発売だったんだけど、まあとりあえずいちばん有名なのをってことで『さよならを教えて(Comment te dire adieu?)』を。他にももう一枚、別に前から欲しかったアトランティックの廉価盤を買ったんだけど、まあそれはここでは書かない。
 買ってきたのは都内某所のタワーレコードで、閉店間近の遅い時間帯だったんだけど案外普通に人がいた。

 何度か通しで聴いただけだけどなかなか好みでよかった。半分以上を既存の有名ポップスのカヴァーで占めつつ、編曲の妙もあって綺麗にまとまってて心地よい。とりわけ気に入ったのタイトルの『Comment te dire adieu?(さよならを教えて)』とオリジナルの『L'Anamour(愛の欠乏)』で、とくに『L'Anamour』はドラムスと重たいピアノの音がとてもよい。ただ、アルバムの後半にかけてちょっとストリングスがくどいな、と感じる。これはこの辺りの時代(50年代後半-60年代)のポップスに全般的に言えることで、べつにことさら取り上げる話でもないんだけど。
 自分はとりたてて楽器をやっていたわけじゃないので理論的に見てなぜそう思えるのかってのはよくわからないのだけれど、なんとなくストリングスが出張ってる歌曲って演歌とか歌謡チックに聴こえるよね。極端に叙情的というかなんというか。単に自分の中で「演歌・歌謡≒ダサい」みたいな固定観念があるのかもしれないけれど。ダスティ・スプリングフィールドの『ダスティ・イン・メンフィス』なんかもブルー・アイド・ソウルでは名盤中の名盤とされてるんだけど、これも個人的にはストリングスがくどくてハマりきれないやつ。これに関してはダスティ・スプリングフィールドのそれまでの音楽的立ち位置とそれに対する葛藤みたいなのを踏まえたうえで評価すべきなんだろうけど、それはそれとして自分にはあまりしっくり来なかった。
 
 話を戻すと、このアルバムの国内盤CDが出るのはどうやら2003年に出たCCCD盤以来らしく、廉価盤(税込1234円)ではあるんだけど、付属ブックレットはアルバム収録曲全ての和訳詞と新規書き下ろしの解説と、かなり気合が入ってる。英語ならともかくフランス語だと歌詞の内容とか全然分からないからね、ありがたい。
 解説の内容も細かくて良い(字数は5000-6000字程度)。一緒に買った廉価盤の方はジャケット裏見開き2ページきりで期待はずれだったんだけど、こっちは申し分ない内容。ただ『L'Anamour』の部分の解説で、「これは恋愛の移ろいを飛行機の乗り継ぎに例えた歌なのではなく、ドラッグを求めているのに手に入らない人間の破滅的な状況を飛行機に例えて歌った歌なのだ」といったようなことを書いていて、一応独自研究だと前置きしてはいるのだけれどこの部分はしっくり来なかった。で、解説者の名前で検索にかけたらブログとTwitterが挙がってきてプロフィールを見てみると、アナキストを自称していてアフリカン・ミュージックについての著作のある人物らしいので、まあ、その辺から想起されるところなんじゃないかなあ、という感想。作詞作曲を担当したセルジュ・ゲンズブールについての著作もあるらしいので、一応一家言ある人ではあるんだろうけれど。


 それからこれはとくに関係ない、どうでもいい話なんだけど、先日アルディとふたつほど上の世代に当たるジャンヌ・モローが亡くなったんだけど、そのニュースを聴いたときにどういうわけか不意にどっかで見聞きしたらしい“エヴァ・マリー・セイント”って名前が頭に思い浮かんで、誰だろうと思って調べたらヒッチコックの『北北西に進路を取れ』のヒロインで、まだ存命中だった。御年93歳だそうで、ほげー。
 40-60年代の人らって今見るとみんな等しくお爺さんお婆さんで、傍目に見ている限りは訃報を聞いても「まあお爺さん/お婆さんだからね」としか思わないんだけど、それぞれの最盛期を捉えていくとそれぞれ全然違う時代を生きてて不思議な気分になるよね。デヴィッド・ボウイグレン・フライの訃報が出る横で、エヴァ・マリー・セイントやドリス・デイが未だ生きてるわけなんだから。