キットカットきっとぐにゃっと

個人ブログなんかためにならなくていいんだ上等だろ

先月ブクマした中で面白かった記事 2017年01月-(2)

国際ニュース

jp.reuters.com
 ロブスターなどの甲殻類は敏感な痛覚を持っており生きたまま茹でられると死ぬまで凄まじい痛みを感じることになるので、”しっかり殺してから”茹でてくれというお達しがスイスで出た、という話。以前チベット仏教は他の仏教と比しても輪廻転生を重視していて、それが死んだ先祖の転生であるかもしれないから、可能な限り不殺生を徹底するみたいな記事を以前に見聞きして、ほう、と思ったものだけど、こういう不殺生主義みたいなのって欧州にもあるんだね。
 最近種差別が云々とか反出生主義がどうこう、ヴィーガニズムがどうこうとかちょこちょこ盛り上がってるけどどうなんだろうね。自分は差別や偏見、自分に内在する悪徳(したり顔)に自覚的になることでよりよい世界を形成することができる、といったような考え方で、差別そのものを根絶できる(罪なき世界を実現できる)、とは思ってないのでこの辺の過剰な潔癖思想にはあまり共感しないんだけど、それはそれとして目新しい思想ではある。


www.huffingtonpost.jp
 誰かがブコメで載せてた記事で、2016年年末のもの。非飲料用アルコールを飲料用アルコールとして飲む文化って、社会主義時代までだと思ってたよ、たまげたなあ


www.afpbb.com
 吹雪を避けて屋内展示室に移されたペンギンを完全装備で屋外から見るカナダ人の特性ついての考察記事(違う)

生活

headlines.yahoo.co.jp
 数万円から数十万円ほどの少額融資を行っている認可を受けていない金融業者についての記事。前に最近の訪問販売は高圧的にではなく、人との触れ合いを欲している老人世帯を狙い、長期間通い詰め信頼いさせてから販売することで、リスクを下げながら大きな利益を上げているという記事を読んだことがある(たしかヤフーニュースの特集記事)けど、これもそれと同種のやり口なんだろうね。


nikkan-spa.jp
 煽りタイトルでもなんでもないのにめっちゃ読みたくなってくるからすごい。

ネット

nlab.itmedia.co.jp
 Twitterで拡散されたお役立ち情報が実は全く科学的・医学的エビデンスのないものだった、というのはよく見るのだけれど、これは逆に全て論理・実践性ともに不可分ないものだった、という例。あんまり見ないけど、こういう正しい情報もしっかり確認が行われて、改めて情報発信が成される、というパターンももっとあっていいんじゃないだろうか。デマだった例ばかり取り挙げられると、嫌でも懐疑的になってしまうし、発信する側も注目を集められる情報であれば真偽を問わないというような極端な人間ばかりが蔓延ることになるし。
 正しい情報を正しく発信した側にのみ賞賛や名誉が与えられる環境である、ってのは大事だと思うよ


note.mu
 昨年の解散総選挙における東浩紀氏の「積極的棄権を呼びかけたい」という主張にたいするしんかい氏の反論記事。公開は2017年10月。ずっとタブに放置してたやつで、読んだのは先に政治欄で挙げたウーマンラッシュアワーについての記事を読んだあとだったんだけど、これも「愚民思想」に近いものだよなあと思った。東氏に関しては、一昨年の参院選に際しての記事とかはなかなか感心したものだったんだけどなあ。(あの時の感心を)かえして


www.itmedia.co.jp
 個人・法人の別問わずネットメディアに蔓延しているタイトル詐欺ないし扇情的なタイトル付けについての記事。ネットメディアについての分析記事ではなく、ネットメディアに触れる読者側への啓蒙としての内容。まあもとを正せばPV絶対主義に陥っている広告会社と発注する会社、それゆえにPVさえ集まればなんでもよいと思っている運営者側のモラルの問題なんだけど、SNSなどでリンク付きでツイートすれば読者もまたひとりの発信者になるからね。


newsphere.jp
 上の記事を踏まえて。一般にインターネットは民主主義的なアイテムであり、技術であると思われていたが、個人では取り扱えないほど真・偽、快・不快問わず多様で膨大な情報が手に入る用になった結果、”情報が多種多様であるがゆえに”自分自身の思想に沿う情報ばかりを無意識に選別するようになってしまった。そしてそれは知的水準の低い下層階級の人間のみならず、高等教育機関を経た高級階層の人間でさえも同様の傾向があるという話。
 ”Newsphere”という見慣れないニュースサイトなのだけれど、海外の報道機関の記事の翻訳らしいので一応信頼に足るサイトだと自分は見てる。


文化

  • 食べ物

www.hotpepper.jp
www.e-aidem.com
 食べ物関連のインタビュー記事。とりわけ下が良い。冬場は焼き芋屋をやって最低限の収入を得つつ夏場は海外のカジノでポーカーをやって稼いでいる人物へのインタビュー記事。東大卒のポーカーのプロプレイヤーの記事も前にホットエントリーに上がってたよね。あれもなかなか良かった。

  • 音楽

natalie.mu
 タイトルの通り。他の記事と違って会見の全文文字起こしなのがよい。映像だと一覧性が低いし自分のペースで読めないしでストレス溜まるから助かる。

  • アニメ・ゲーム

jp.ign.com
 自分だけかもしれないけどやたら重いので注意。テキスト主体でリーダービューが使えるのでそちらを使うのがおすすめ。長いので要旨だけ書いておくと、
・00年代までの劇場向けアニメーションは「小規模(作家性に特化したインディペンデント作品)」と「大規模(大規模な予算を投じて制作された大衆向け作品)」の二極で形成されており、海外(とくに西欧)では国家的援助のもと前者が主体に、日本ではその両方が主体となって展開されていた
・10年代以降に入ると00年代でいくつかの小規模アニメーションの成功を受けて、芸術性・独自性を保持しつつより広い層に訴求しようとする・訴求しうる「中規模」が増えた。
・中規模作品の代表例として「君の名は」「聲の形」「この世界の片隅に」があり、これらは商業的成功を得ながら、同時に映画専門誌はじめ愛好家からも好評を取っている。
・それらを踏まえてインタビュイーのこれからの活動について
といった感じ。現代の海外の劇場向けアニメーションを見る上での参考にもなるのでアニメおたくの方々はぜひ読んで

jp.automaton.am
 AUTOMATONから。これはラスベガスで70~80年代のピンボールマシンをプレイ可能な状態で保存している施設の運営者へのインタビュー記事。アーケードゲームの需要がインベーダー(70年代後半以降)から始まった日本ではあまり馴染みがないけれど、海外では存外ピンボールの人気は高かったりする。非デジタルなピンボールマシンは現在ではアメリカはもちろんのこと日本でも絶滅危惧種なんだけど、実はまだやれるところがあるんだよね。
 後半記事(Pinball Days -2017年のピンボール- 最終部 -ピンボールの本場、アメリカに存在する殿堂のこれまでとこれから- 後編 | AUTOMATON)は2月に入ってから読んだんだけど、こちらもよかった。翻訳記事ではなくAUTOMATON日本版記者によるインタビューなので、日本への言及もあったり。この辺の海外ゲームメディアの日本への参入もあってか、近年ゲーム系メディアの記事はどれも読んでて面白い。5,6年前とかだとネットはゲハ論争、雑誌系ゲームメディアはネットに及び腰で、ごく一部の個人ブログや岩田社長の「社長が訊く」くらいしかまともに読めるものがなかったんだけど、いい時代になったもんだ。

  • 映画

wezz-y.com
 映画における人種やポリティカル・コレクトネスなどについての話。タイトルがアレだけど記事内容はかなり興味深い内容で、観客の持つ人種的偏見を意図的に逆手に取った物語や映像にかかる演出を行うことで、より意外性に富んだ作品が生み出されている、という話。
 ブコメで明らかにタイトルしか読んでないだろってコメントが散見されたのが残念だった。

  • その他

withnews.jp
能楽師・宝生宗家氏と日英翻訳家ジェイ・ルービン氏、いとうせいこうによる短い対談。この記読んで能の鑑賞料ってどれくらいなんだろうって思って調べたら、大体一般自由席が3000円ってとこだった。映画チケットに3Dとか足したくらい。普通の舞台劇も立体だから妥当な値段だね(比べ方がおかしい)



 Twitterから。成人後包茎手術を受けた人の話。ネタっぽく書いてるけどとても興味深い内容だったのでネタ枠にはしないでおく。この手の性や生理的問題についての記事ってなんだかんだ普通に為になるもの多かったりするよね。AV男優へのインタビュー記事とか


www.asahi.com
 2010年前後くらいに人気を博してた某芸人の大学受験に関するインタビュー記事。単純に読み物として面白い。最近はツイッター芸人みたいな感じになってきてるけど、髭男爵ソルボンヌ大学出身の人(ソルボンヌ大学出身の人じゃない)みたいにウェブメディアへの寄稿とかやったらいいんじゃないかなあ。給料とかは知らない


togetter.com
 toggetterから。タイトルの通り

news.line.me
 2010年次サッカー日本代表阿部勇樹南欧イビチャ・オシムと対談したときの記事、前後編構成。自分はスポーツを全くやらないし全く見ないし現時点でも興味は持ってないんだけど、この手のインタビュー記事とかはわりとよく読む。インタビュー記事なんかの場合、そのスポーツのルールさえ知らないレベルでも、スポーツ選手がどういうふうに考えて生きてるのか分かったりするからね。後半記事の「(突然会いに来るという)サプライズは一度きりじゃなくていい」ってくだりがやたら格好よくて(言ってみてええええ!!)って思った(中学生並みの感想)

portal.nifty.com
 みんなだいすき(かは知らない)デイリーポータルZの記事。路線図マニアが路線図マニアに会いにイギリスまで行ってインタビューしてきた話。自分ももともと電車で乗り換え重ねてあちこち行くの好きだったんだけど、このへんの影響か、電車で何駅かだけ乗るときはずっと路線図を見るようになってしまった。許すマジ



 以上。最初は埋め込みリンクの羅列だけでいいやと思っていたんだけれど、そのうちいくつかは追加でコメント書きたいなあとか思ってあれこれやってるうちに結構な長さになった。なかなかに面倒くさかったのでもし来月またやるとしたら次は20~30くらいに減らす。

先月ブクマした中で面白かった記事 2018年01月-(1)

 先週はジャズ関連のネタでちょろっと文章を書いたんだけど、この辺の音楽とかの話題は元のブログの方とネタがかぶってアレなのでブックマーカー(一応)らしくはてブからおすすめ記事紹介とかしとく。現実の方でことがうまく運べば元のブログでも元気にやり始めるだろうから、今のうちにはてブネタオンリーでやれるようにしておく。
 で、今回は先月読んでブクマした記事からとくに気に入ったものから40ばかり選別して紹介する。はてなブログはてなダイアリーでの記事はリンク貼ると向こうに通知が行っちゃうので意図的に除外した。紹介は以下より。

政治

business.nikkeibp.co.jp
 小田嶋隆氏の記事。この人自体はあまり好きではないんだけれども、この記事に関してはとてもよかった。論旨としては、やまもといちろう、池田信夫といった保守寄りないし保守の論客がいずれも各世代間の断絶や対立をやんわりと煽っており、その手の主張には往々にして理性的でない言説が混じっており危険だ、といったようなもの。数ページ目からは会員登録必須(さらに言えば登録後のメール広告配信も)なんだけど、この手の記事にしては珍しく結びだけじゃなく結構踏み込んで書いていて好印象だった。
 まあこの人もこの人で去年なんかは普通に某都知事(伏せる意味がない)を厚化粧呼ばわりして炎上してたんだけど


ironna.jp
 今年の元旦に放送された討論番組において、ウーマンラッシュアワーの村上氏と討論(と呼べるのかわからないけど)をした東大教授によるその後の揉め事に対する反論記事。会員登録なしで全文読めるしあんまり自分ではまとめたくないので興味がある人は全文読んで


www.buzzfeed.com
 昨年だったか今年のはじめだったかに産経新聞が「沖縄県の行政機関は恣意的な統計を用いて県の米軍基地依存度を低く見せている」といった記事を掲載したことを受けての検証記事。産経が恣意的だとしたデータはもともと米軍依存度を図ることを目的とした統計ではなく、実際県の行政においても産経が示したデータをそうした目的で使うことはまったくないし、その件について産経からの裏付け調査のための連絡もなかった、というのが要旨。その他にもいろいろ適当なことを書いていたようで、詳細はリンクから。

経済

kai-you.net
 現在経済的分野においても、文化的分野においても存在感を増している中国の調査を行っているジャーナリスト・数土直志氏へのインタビュー記事。現在多分野において発展めざましい中国の政治・文化事情やアジア圏のアニメ・漫画文化についていろいろ取り挙げてる。文化カテゴリでも良かったのだけれど、どちらかと言うと経済の方に依った内容だったのでこちらにした。


president.jp
 現代ビジネスに寄稿され話題を読んだ某記事への山形浩生による言及記事。ブコメでは山形浩生が誰なのか知らないであろう方々からやたら辛辣なコメントされてるんだけど、非常にいい内容。元記事に関しては自分は、元記事のブックマークでも書いた通り、あれは単に「中国経済をモチーフにした中身のないポエム」でしかないと思ってるのでリンクしない。この記事にリンクが貼ってあるので元記事を読んでない人はそちらからどうぞ。


gendai.ismedia.jp
 まさかの中国・台湾のネット掲示板で紹介されて世界規模で話題を呼ぶことになっちゃったそうで。中国人が冷静を装いつつまんざらでもないような調子でレスを付けてたり、台湾人がナチュラルに件の文筆家を「社会の低層にいる若者」呼ばわりしててちょっと笑った。まああの記事も経済誌の寄稿記事でなく、ただの一個人のブログ記事であればまったく害のない代物ではあるよね。


なぜ雪が降ると電車が止まるのか。 | いすみ鉄道 社長ブログ
 どうしたわけか埋め込み表示ができないのでリンクだけ。先の関東圏内の積雪に際しての千葉のいずみ鉄道社長による諸々への言及記事。この記事中にはリンクが貼られてないんだけど、後編記事あり(なぜ雪が降ると電車が止まるのか。 その2 | いすみ鉄道 社長ブログ)。こちらは前編を踏まえての国鉄民営化とJR北海道について語ったもの。


ウナギ激減! 食卓に"サカナ危機"が押し寄せる!? - 放送内容まるわかり! - NHK 週刊 ニュース深読み
 こちらも埋め込み不可なのでリンクのみ。ウナギ資源の枯渇危機に際してNHKの報道番組で「絶滅」という言葉がまったく用いられないことなんかはよくブコメで指摘されてるんだけど、一応この辺の問題も取り上げてはいる模様。ちゃんと為になる内容。オブラートには包んであるけど、日本人がどれだけ漁業資源に無頓着だったか、また事なかれ主義でここまで来てしまったことの弊害について丁寧に解説してる。


crossacross.org
 日本経済においてこれまで前提となっていた「終身雇用」「年功序列制度」の構造とその欠陥について論じたもの。かなり前に書かれた記事なんだけど、自分がこの辺の分野に疎いこともあってかなり目新しく感じられた。続きはまだ読んでないのでその辺は追々。

社会

カトリーヌ・ドヌーヴを含め100人の女性が主張したこと: 極東ブログ
 日本でも少しばかり盛り上がったMeToo運動について、カトリーヌ・ドヌーヴ社会学者らと共に寄稿した記事の日本語訳記事。増田とかあちこちで翻訳が挙がってたけど、誤訳を指摘されたりもしたので一番穏当と思われるこれを。


www.huffingtonpost.jp
 上の記事を踏まえての日本人記者の考察記事。ドヌーヴらの寄稿記事の背景や、発信源のアメリカとフランスとの思想的立場の違いなどについていろいろ書いてる。文章としてはかなりいろいろとっ散らかっててコメントしづらいんだけど、とても目新しい内容ではある。


www.huffingtonpost.jp
 大晦日に放送されたお笑い番組の内容とその後の反応などについて幅広く取り挙げた記事。もとはAbemaTVで放送されている報道番組だとかで、個人的に驚いた。これまで取り挙げられた記事のなかで一番丁寧に取り挙げた記事だと思う。自分もここで少し言及記事を書いたりしたので(読まなくていい)、情報が間違っていなかったか答え合わせ的な具合で読んでいたんだけど、概ね正しかったようで安心した。ただ、顔の黒塗りが極度に禁忌化されているのは欧米圏のみで、欧州圏では日本と大差ない認識だった、というのは意外だった。デカい声で間違える前に気づけてよかった。


www.buzzfeed.com
 上の記事を踏まえて。日本という日本人が大多数の環境では遭遇することの少ない、アメリカでの黒人差別の問題について。写真が主なので軽く流し見るだけでも面白い。この記事では公民権運動期のみの写真なのだけれど、この時代から20年前くらいの間は、日本人も概ね人間扱いされてない(フランクリン・ローズヴェルトの日本人蔑視、日系人強制収容所)。


www.nhk.or.jp
 アメリカの地方で、高所得者の住民ら(記事中のスクリーンショットは全員白人)が自治政府を樹立して独自に行政を担うようになった、という話。これが分断なのは間違いないけど、個人的にはこうなるに至った背景がなかなか気になる。そうした極端な行動に出るほどまともに行政組織が機能していなかったのか、はたまた「自分はレイシストじゃないと思っているレイシスト」なのか。とにかくアメリカの話は何においても極端すぎて簡単に結論は出せない

社会

toyokeizai.net
 結構前にホットエントリーに挙がってたやつ。先の「終身雇用」「年功序列」の記事と同様に日本経済の問題に取り挙げた記事で、内容としては日本では評価基準が極度に単純化され実際的な視点から見て有能と言えるか否かによらず、こうしたルールの下で成果を残せる人間だけが評価されてしまうという構造が様々な歪みを生んでいる、という話。結構抽象的な内容で全面的に信用するのもアレ(だから社会カテゴリとした)なんだけど、頷けるところはある。


www.huffingtonpost.jp
 上の記事でオウム真理教についての言及があって、それでついでに調べてみたところ検索に上がってきて読んだやつ。神的存在として崇拝対象となっていた麻原彰晃の三女へのインタビュー記事。


www.buzzfeed.com
 思想史家・丸山眞男の原爆体験についての記事。バズフィード記者によるもので書籍紹介などではないので、概ね社説として読むのがいい。


jp.vice.com
 過密と地価の上昇で香港地域では死者の埋葬所がほとんどないか高価で、本土での埋葬サービスもあるが政治事情が本土とは異なるがゆえ、場合によっては処分される可能性もあり、霊魂信仰を保持する一般大衆は奥手だ、という話。かくべつ為になる内容とかではないけれど、面白い。


www.refugee.or.jp
 東日本大震災に際して、福島などの被災地へ100回以上に渡る炊き出し支援を行ったムスリム宗教法人の代表、クレイシ・ハールーン・アフマド氏へのインタビュー記事。イスラームはじめちょくちょく宗教ディスにスターが集まるはてなで珍しくすごくブクマが集まってたやつ。なおも上から目線なブコメも結構あるけど、それはそれとして感心が集まるのよいことだ。


www.huffingtonpost.jp
 トルコで捨てられた本を集めた図書館が開設された、というニュース。写真も結構あって、なんとなく自分は図書館の赤い壁を見てトリュフォーの「華氏451」を思い出した。


www.buzzfeed.com
 イギリス人写真家、ハリー・ベンソンの回顧写真集の出版に際してのインタビュー記事。写真が主なので文を読まなくても面白い。政治的な写真が多いのだけれど、発言内容はいずれも写真家としての視点のみで、政治的言及は一貫して避けているのが面白い。ビートルズの写真といえば、リンゴ・スターペンタックスのモノクロカメラを持っていて、道中よく他のメンバーの写真を撮ったりしていた、みたいな記事も前に読んだっけな



今回は政経現代社会系の真面目な記事のみ。来週辺りまでに残り半分まとめて投稿する予定。

のべつまくなしのべつまくなす

 今ブクマで論争になってるやつを自分なりに自分のために整理しておこうと思ったんだけどやめとく。自分自身かなりアツくなってるという自覚があるし、たぶんこの調子で書いてもかなり皮肉っぽい内容になりそうだなという感がある。こういうのはほとぼりが冷めて「ああ、そういやそんなこともあったっけな」くらいの調子で鼻ほじりながら書くくらいがちょうどいい。
 ただ、ブコメ書いて自分がなにか意義ある発信をした(できた)、という思い上がりには今後より自覚的になったほうがいいな、と今回とくに思った。

 で、その話は終わりにして本題。YouTubeミックスリストを流し聴きしてた時に見つけて気に入ったやつ。ジャンゴ・ラインハルトの五重奏楽団の録音で、たぶんミックスリストでは同じくジャンゴ・ラインハルトの「It's Only A Papermoon」の録音とかを聴いてたときに紛れてたやつだったと思う。
 ちょうど今彼の伝記映画やってる*1し新しい録音とか出てたりしないかなーと思って調べたら去年に一枚国内盤が出てた。

 デューク・エリントン楽団が30年代に渡欧して興行を行った際の共同録音を含む編集盤という歴史的音源。30年代はちょうど欧州圏にもジャズが人気を博しはじめたころで、とりわけフランス・ドイツではラジオ放送で盛んに取り挙げられていた。その人気ぶりはナチスに目をつけられ「退廃音楽」呼ばわりされるほどだった*2とか。それから、このデューク・エリントン楽団のフランス公演のマネジメントには、デューク・エリントンの熱心な信奉者だった小説家のボリス・ヴィアンがかなり深く関わっていたそうで。出典は忘れた。去年頃からちょこちょこジャズ関連の書籍とかページを熱心に読んでて、たぶんその中から読んだものだったと思うんだけど、あんまり細かく整理してなかった。思い出したら追記しておく。ただ、ボリス・ヴィアンのエリントンの信奉ぶりは彼の「日々の泡(うたかたの日々)」の冒頭1ページ読めばすぐにわかるので気になる人は今すぐ書店に行ってハヤカワか新潮の翻訳を当たろう。
 30年代半ばはちょうど攻撃的国民主義と理想主義的国民主義の間で揺れ動きながら一時的に安定していた(しているように見えた)時期*3で、エリントンの他にコールマン・ホーキンスシドニー・ベシェも30年代後半にヨーロッパに滞在して演奏活動を行っていた。こっちもエリントンと同様にラインハルトとの共同録音がある。

 ギターという楽器が他のジャズ楽器と比べて身近だったこともあって自分がジャズを聴き始めて間もないころからジャンゴ・ラインハルトは気に入っていて、ずっと買おう買おうと思っていたんだけど、なんだかんだで結局一枚もCD買ってないっていう。ジャンゴ・ラインハルトに限らず20~30年代のジャズ演奏者の多くはCDでは発売されてないか、発売されてももとがSP盤でのリリースだから、録音を網羅しようとすると有名曲のダブり覚悟で数多の編集盤をあたっていくか、あるいは5桁の輸入盤の全集を買うかの二択になるっていう。一応名演集として「ジャンゴロジー」はあるんだけど、上に載せた曲も、先に気に入ったと書いた「It's Only A Papermoon」も入ってないんだよね。ダウンロードで探したりもしたけど、この手の古い録音は胡散臭いチープなジャケット画像が貼られてたりしてどうも買う気になれないんだよなあ(ワガママ)

 前に記事を書いたことのあるオールデイレコード(Amazonでは流通させてないレコード出版社)で同時期の録音が出てたけど、残念ながらこっちにもない。

 とりあえず上のを先に買っておくかなあ。ククーボンジューモナームー